YABOサタデー映画館―2017.4.1

『YABO』の由来は野望。
野望という強い意志を持って前向きに生きる人を取材し、その人の魅力や情報を発信するフリーペーパーです。
WEB版では毎週土曜日に「YABOサタデー映画館」を掲載。
今週公開の作品から野望や希望、理想にあふれる登場人物をYABO人としてピックアップして、作品の紹介をしていきます。

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

© 2016 Jackie Productions Limited

YABO人:ジャクリーン・ケネディ(ジャッキー)(ナタリー・ポートマン)
「ケネディの名を人々の記憶に残したい」

オープンカーでのパレード中、隣りに座る夫、ケネディ大統領が暗殺される。ジャッキー(ナタリー・ポートマン)は帰路のエアフォース・ワン機中でジョンソン副大統領の大統領就任宣誓に立ち会い、夫が過去の人になりつつあるのを実感。ケネディの名を人々の記憶に残すには、没後100年経ってもみながその名を知っているリンカーンの葬儀に倣うべきと閃く。しかし、それは危険を伴うことだった。

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
3月31日(金)より、TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開
監督:パブロ・ラライン 脚本:ノア・オッペンハイム 製作:ダーレン・アロノフスキ― ほか
出演:ナタリー・ポートマン ピーター・サースガード グレタ・ガーウィグ ビリー・クラダップ ジョン・ハート
配給:キノフィルムズ
© 2016 Jackie Productions Limited
公式サイト: http://jackie-movie.jp/

『レゴ®バットマン ザ・ムービー』

『レゴ®バットマン ザ・ムービー』

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.

YABO人:ワルのプリンス、ジョーカー
「ジョーカーは最大の敵だとバッドマンに認めさせたい」

ゴッサムの平和を守ってきたバッドマンは街のヒーロー。人々から称えられ、愛されてきた。しかし、家族を失ったかつての悲しみから癒えておらず、家族や仲間を持とうとしない。帰宅すると、ひとりでチンした夕飯を食べ、ラブコメを見てわびしく過ごす。ひょんなことからロビンという孤児を養子にし、生活をかき乱されるが、執事アルフレッドはこれをきっかけにバッドマンが人との繋がりを持つことを期待する。また、新しくゴッサムの市警本部長になったバーバラはバッドマンと警察がチームを組むことを望んでいるが、バッドマンは拒否する。
一方、自分が悪事を働くからこそバッドマンがヒーローでいられることを認めさせたいジョーカー。「ライバルは強いて言うならスーパーマン」といつまで経っても認めないバッドマンに痺れを切らせたジョーカーが悪の軍団を目覚めさせ、キングコングやヴォルデモートといったワーナー映画でお馴染みの悪役キャラがゴッサムに押し寄せてきた。バットマンはひとりで世界を救うことができるのか!?

『レゴ®バットマン ザ・ムービー』
4月1日(土)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
監督:クリス・マッケイ
脚本:セス・グレアム=スミス、クリス・マッケナ、エリック・ソマーズ、ジャレッド・スターン、ジョン・ウィッティントン
出演(声優)
字幕版:ウィル・アーネット、レイフ・ファインズ、ザック・ガリフィアナキス、マイケル・セラ、ロザリオ・ドーソン
吹替版:山寺宏一、小島よしお、オカリナ(おかずクラブ)、ゆいP(おかずクラブ)
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC.
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/legobatmanmovie/
公式twitter:@legobatmanjp #レゴバットマン

『はじまりへの旅』

『はじまりへの旅』

© 2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

YABO人:ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)
「亡くなった妻の望む方法で埋葬してあげたい」

独特な教育方針のもと、世間と切り離された森で6人の子どもたちを育てるベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)。子どもたちの体力はアスリート並み。6ヶ国語を操り、サバイバルナイフ1本で生活できる知恵と技術を持つ。18歳の長男が父親に隠れて大学受験をしたところ、名だたる大学すべてに合格。ある日、入院していた妻レスリーが亡くなる。仏教徒だったレスリーが望む方法で埋葬するため、葬儀の行われるニューメキシコまで子どもを連れて2400キロの旅に出た。アメリカの権利章典は言えてもコーラもホットドッグも知らない世間知らずの子どもたちは旅の途中で何度も戸惑う。果たして、母の願いを叶えることが出来るのか。

『はじまりへの旅』
2017年4月1日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町 他 全国ロードショー監督・脚本:マット・ロス
出演:ヴィゴ・モーテンセン、ジョージ・マッケイ、フランク・ランジェラ
© 2016 CAPTAIN FANTASTIC PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
公式サイト:http://hajimari-tabi.jp/

『暗黒女子』

©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社

『暗黒女子』

YABO人:いつみの親友、澄川小百合(清水富美加)
「いつみにはいつも輝いていてほしい」

セレブ女子高生たちが通う聖母マリア女子高等学院で、全校生徒の憧れの的だった〈白石いつみ〉が謎の死を遂げる。校舎の屋上から落下したのだが、自殺か他殺か、事故なのかもわからない。やがて、いつみ(飯豊まりえ)が主宰していた文学サークルの誰かが彼女を殺したという噂が立つ。いつみの親友だった澄川小百合(清水富美加)がサークルの会長を引き継ぎ、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催する。テーマは「いつみの死」。それぞれを“犯人”と告発する作品が発表されていく。
物語は5つ、動機と結末も5つ──果たして真実はあるのか?

『暗黒女子』
2017年4月1日(土)全国公開
監督:耶雲哉治 脚本:岡田麿里
出演:清水富美加 飯豊まりえ 清野菜名 玉城ティナ 小島梨里杏/平祐奈/升毅 千葉雄大
©2017「暗黒女子」製作委員会 ©秋吉理香子/双葉社
公式サイト:http://ankoku-movie.jp/

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved

YABO人:義体を開発した科学者、オウレイ博士(ジュリエット・ビノシュ)
「科学者として研究テーマを追求しつつも、少佐の人間性も大事にしたい」

テロ犯罪が脳をハッキングし操作するという驚異的レベルに到達している近未来。悲惨な事故から助けられ、脳以外は全身義体となった世界最強の少佐(スカーレット・ヨハンソン)はエリート捜査組織・公安9課を率いて、サイバーテロ組織と対峙している。やがて捜査をきかっけに自分の記憶が操作され、命を救われたのではなく、奪われたのだと気づく。本当の自分は誰なのか? そこには衝撃の事実が待っていた。
全世界で大絶賛された SF作品の金字塔「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」をハリウッド で実写映画化。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』
4月 7日(金)より全国公開
監督:ルパート・サンダース
出演:スカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、マイケル・ピット ピルー・アスベック、チン・ハン、ジュリエット・ビノシュほか
©MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved
公式サイト:http://ghostshell.jp/

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』

©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

YABO人:オーストラリアに養子に行き大人になったサルー(デヴ・パテル)
「生き別れたままになっている実の母と兄に『僕は無事だ』と伝えたい」

インドのスラム街。兄の仕事についていった5歳のサルーは、停車中の電車で眠り込み、はるか離れた地に運ばれてしまう。迷子として施設に収容されたサルーは、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子に出されるが、養父母に愛情をたっぷり注がれて、幸せに成長していく。あるとき、友人の家でインドの揚げ菓子ジャレピを見て、突然インドでの生活を思い出す。以来、実の母と兄への想いが募り、朧げな記憶を頼りに故郷を始める。

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
4月7日(金) TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー
監督:ガース・デイヴィス
出演:デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン
配給:ギャガ
©2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
公式サイト:http://gaga.ne.jp/lion/

2017-04-01 | Posted in NEWSComments Closed