YABOとは?

YABOの由来

『YABO』の由来は野望。
野望という強い意志を持って前向きに生きる人を取材し、その人の魅力や情報を発信するフリーペーパーです。「野望に向かって頑張る人を応援したい」というコンセプトから『YABO』と名付けました。


YABOにはどんな人のインタビューが載っているの?

起業家、音楽アーティスト、クリエイター、カフェオーナー、ネイリスト、劇団員など、ジャンルを問わずさまざまな人にスポットを当てて取材しています。
「独立して自分のお店を持つ」、「プロのアーティストになる」、「子ども達に教えたい」、「ファッションやアートで商店街を活性化したい」など、多種多様な野望がYABOには溢れています。
インタビュー記事のほかに、街中を歩くイケメンにインタビューする「イケメンウォッチング」、野望をテーマにしたオリジナルストーリーの「Short Short」、イラストと詩を融合した「Art」、野望を感じる本を紹介する「BOOK REVIEW」など内容は盛りだくさんです。


YABOのもうひとつの意味

2015年2月6日に第1号を発行したYABO。
「自分たちの手で何かを作りたい」という強い思いで、プロのライター・編集者と、プロを目指すメンバーが集まり、自費制作からスタートしました。
まだまだ野暮ったい私たちが、本誌を通じてそれぞれの野望を実現する。
YABOにはそんな「野暮」の意味も込められています。


YABOのこれから

2016年から季刊誌として1月、4月、7月、10月の18日に発行していましたが、しばらくの休刊を経て、2020年12月に復活。
今後はまず年2回の発行からとし、徐々に頻度をアップしていく予定です。


あなたの野望をYABOに掲載しませんか?

現在YABOでは、取材を受けたい方、広告を掲載したい方、本誌を設置・配布してくださる方、私たちの活動を支援してくださる方を募集しています。

・YABOに取材記事を掲載したい!
・YABOに広告を掲載したい!
・YABOをお店に置きたい!
・YABOの活動を応援したい!

このような思いをお持ちの企業様、個人事業主様、クリエイター、アーティストの方々がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡ください。

※取材記事の掲載料金、広告掲載料金、本誌設置、活動支援に関する詳細につきましては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。


◆野望に出会えるカルチャー情報誌 YABO 制作STAFF◆
発行人 株式会社アドヤン(広告代理店)
編集長 橋本岳子
編集 橋本岳子、びにぃる御茶ノ水、☆草野咲来、☆佐藤美和、☆橋本梨子
ライター 阿久津李枝、今井敦、びにぃる御茶ノ水、橋本岳子、☆草野咲来、☆佐藤美和、☆橋本梨子
デザイン 三上美幸、阿久津李枝、今井敦、田中チズコ
イラスト 田中チズコ、☆木村星来
広報 今井敦、びにぃる御茶ノ水

YABO WEBサイト制作運営 びにぃる御茶ノ水

※☆はYABO大学校のメンバー

error: Content is protected !!