YABOライターイチオシ映画!福山雅治主演『三度目の殺人』

真実は見えるのか? 被告人に翻弄されるエリート弁護士

『三度目の殺人』

© 2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ

【あらすじ】
三隅(役所広司)に殺人の容疑がかかる。彼には殺しの前科があった。犯行を自供し死刑はほぼ確実。しかし、供述を二転三転するため、担当弁護士は重盛(福山雅治)に協力を求める。重盛は真実の究明ではなく、被告にとって少しでも有利な判決が下るよう弁護を展開しようとする。やがて三隅と被害者の娘・咲江(広瀬すず)の接点が判明。咲江に聞いたことを重盛が三隅に話した途端、三隅は犯行を否認。重盛は驚き、三隅のどの供述を信じればいいのか戸惑う。そんな重盛に対して、三隅はいよいよ言を左右し翻弄する。三隅は本当に人を殺したのか。殺したとしたら、それはなぜなのか。重盛は初めて心の底から真実を知りたいと思う。

【みどころ】
福山雅治演じるエリート弁護士が切れ味鋭く事件を解明する―そういうシーンを期待すると肩透かしに合う。見どころは裁判そのものよりも、接見室での被告と弁護士の駆け引きだ。初めは重盛が弁護士として話を優位に進める。しかし、咲江の秘密が明らかになった後、重盛と三隅の力関係が変わる。いや、もしかしすると、重盛が優位にいたように見えただけかもしれない。タイトル「三度目の殺人」の意味と下された判決を考え合わせると、最初から三隅の思惑通りに進んでいたとさえ思えてくる。
是枝裕和監督は初の法廷劇でも自ら脚本を担当。模擬接見や模擬裁判を繰り返して書きあげ、「同じ殺人でも、怨恨とお金目当てでは罪の重さが違う」、「弁護に被告への理解と共感はいらない」、「裁判に真実の解明は必要ない」といった司法の現実を前面に出し、私たちの常識を覆す。今後、裁判のニュースを見る目が変わりそうだ。

『三度目の殺人』
9月9日(土)全国公開
監督・脚本・編集:是枝裕和
出演: 福山雅治、役所広司、広瀬すず、吉田鋼太郎、斉藤由貴、満島真之介、市川実日子
橋爪功
配給: 東宝・ギャガ
© 2017 フジテレビジョン アミューズ ギャガ
公式サイト: http://gaga.ne.jp/sandome/

<取材・文:堀木三紀>

2017-09-10 | Posted in NEWSComments Closed