『MASTER/マスター』主演イ・ビョンホン舞台挨拶イベントレポート

TOHOシネマズ新宿全スクリーンにて海外俳優初の映画館ジャック!!
イ・ビョンホン10回連続舞台挨拶を敢行!
満面の笑みでファンと交流

日本でも圧倒的人気を誇るイ・ビョンホンが、韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件の主犯という大悪人に挑戦する究極のノンストップ・クライム・アクション映画『MASTER/マスター』が、11月10日(金)TOHOシネマズ 新宿他にて全国公開する。
今回、イ・ビョンホンが<悪>役を演じるのは『グッド・バッド・ウィアード』以来8年ぶり2度目。ほかキャストに、『華麗なるリベンジ』のカン・ドンウォン、『二十歳(ハタチ)』のキム・ウビンと、韓国3大スターが出演する。
作品PRのために来日したイ・ビョンホンがハリウッドスター初となるTOHOシネマズ 新宿の全10スクリーン(4DXとMX4Dは除く)をジャックして、ノンストップ10回連続舞台挨拶を実施。
イベントでは、ファンからの黄色い歓声の中、イ・ビョンホンが登壇し、映画の魅力や、役柄などを語った。

イ・ビョンホン

ⓒ2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED

<イベント概要>
【日時】9月4日(月)
【場所】TOHOシネマズ新宿スクリーン9(新宿区歌舞伎町 1丁目19-1 新宿東宝ビル5階)
【登壇者】イ・ビョンホン

―まずはひとことお願いします。

遅くなってすみません。到着をして、走ってここにきました。今日は大きな劇場に関わらず、会場を満席にして下さってどうもありがとうございます。今日は楽しんで下さい。

―海外俳優のスクリーンジャックは今回が初めてです。

映画館をジャックするということは、映画館は色んな映画を観客の方に観ていただく、ということを考えると、あまりいいことではないのかも知れませんが、今日一日試写の意味もありますのでおそらく許していただけるのではないかと思います。そして海外の俳優が映画館をジャックするのが初ということはとても光栄に思いますし、とても気分がいいです。

―今まで数々の約を演じていらっしゃいましたが、本作で演じた悪役の難しさなどについてお聞かせください。

どんな役を演じる時にも、自分が演じる以上はその役柄に説得されなければならないと思っています。今回私が演じた人物は実在の事件と人物を演じました。実在の人物の行動や言葉は記録に残っていますが、理解するのが難しく大変でした。なので役作りをするのがとても大変なキャラクターでした。

―本作の中で特に注目しているシーンはどこでしょうか。

冒頭のシーンで、数万人の会員の目の前で演説をするシーンがあります。そこでは会員からお金を搾取しないといけなので、純粋な羊の仮面を被ったように話さないといけない。観客の方から、『こういう人だったら投資してしまうんじゃないか』と思えるようなシーンをつくらなければならないのでいかに現実的にリアルにみせるかを考えながら演じました。監督もスタッフも私も精魂こめてつくりあげたシーンです。個人的に好きなシーンはチン会長が権力と手を組み、悪を重ねていき、権力をもった人に依頼する、というシーンがあります。ハン局長という人物が、彼に対して記者に何か言われたら、『上手いこといって乗り切ってほしい』と、言う風にお願いするシーンがあるんですが、そのシーンがとても気に入っています。

―最後に観客へのメッセージをお願いします。

映画の試写会ではなく、小さなファンミーティングに来ているようです。見慣れた顔の方もいらっしゃいますね。」とファンを湧かせた。続けて「今日は来てくれて本当にありがとうございます。この映画は実際の事件をモチーフにしています。なので『こんなことが起こりえるんだな』ということを考えながら観ていただければより楽しめると思います。是非楽しんでご覧下さい。

『MASTER/マスター』
<STORY>
金融投資会社のトップに君臨するチン会長(イ・ビョンホン)は、カリスマ的なテクニックで集めた多額の投資金で裏金を増やし、国の権力者たちへの賄賂をバラまきビジネスを拡大してきた。知能犯罪捜査班長のキム・ジェミョン刑事(カン・ドンウォン)はその悪徳行為を追跡するなか、会長の側近で天才ハッカーのパク・ジャングン(キム・ウビン)に「捜査に協力すれば自由の身にする」と司法取引を持ち掛ける。チン会長は周囲に裏切り者の匂いを感じ取り、警察の猛追をかわし、大金とともに忽然と姿をくらました。1年後、チン会長の遺体が海外で発見されたというニュースが国内を震撼させる。一歩も譲れぬプライドに突き動かされた男たちの“絶対悪vs正義”のチェイスバトルは海を越えた異国の地でさらにエスカレート。チン会長の逮捕と被害金を取り返すためのリベンジが始まった。

11月10日(金)TOHOシネマズ 新宿ほか、全国ロードショー!
監督・脚本:チョ・ウィソク
出演:イ・ビョンホン、カン・ドンウォン、キム・ウビンほか
配給:ツイン
ⓒ2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED
公式HP: http://master-movie.jp/

2017-09-07 | Posted in NEWSComments Closed