『鈴木家の嘘(仮)』ヒロイン&出演者 オーディションを兼ねたワークショップ受講者募集

“作家主義” “俳優発掘” をテーマに『滝を見にいく』(14’沖田修一監督)、『恋人たち』(15’橋口亮輔監督)、『東京ウィンドオ ーケストラ』(16’坂下雄一郎監督)などを生み出して来た松竹ブロードキャスティング。そのオリジナル映画プロジェクト第6弾として野尻克己監督作『鈴木家の嘘(仮)』の製作が決定した。
『鈴木家の嘘(仮)』

本作の監督は野尻克己。橋口亮輔監督(『恋人たち』)、石井裕也監督(『舟を編む』)、大森立嗣監督(『セトウツミ』)ら、数多くの作品で助監督を務めてきたが、今作で満を持しての劇場映画監督デビューとなる。脚本は野尻監督によるオリジナルで、引きこもりの長男の突然の死に直面した鈴木家の混乱と再生を、笑いと涙で綴った。
本作のメインキャストとして、鈴木家の家長である父役を岸部一徳、母役を原日出子、長男役を加瀬亮、叔母役を岸本加世子と日本映画界を代表する演技派たちが出演することがすでに決定している。
この決定キャストに加えて、本作のヒロインとなる鈴木家の長女・富美役(18~25歳の女性)と、鈴木家にまつわる様々な登場人物(10~70代の男女)を選出すべく、オーディションを兼ねた俳優ワークショップが開催される。プロダクション所属、俳優未経験の新人など、経験の有無を問わない。応募締切は、2017年8月31日(必着)。
詳細はワークショップ応募サイト http://www.eigeki.com/special/suzukiws まで。

【監督&キャスト コメント】
岸部一徳さん
「初監督、自分の思ったとおりの映画を撮ってください。楽しみにしています」

原日出子さん
「夫婦にも親子にも何かしら嘘はあるもの。それが愛情に溢れた優しい嘘なら 時に真実よりも美しいと思えます」

野尻克己監督
『家族』とは何か、知りたくてこの脚本を書いた。私は目撃したい。そこに見える本当の家族の風景を」

<ワークショップに関するお問合せ>
松竹ブロードキャスティング
TEL : 03-5250-2323(平日10時-17時)
MAIL: workshop@shochiku.co.jp

『鈴木家の嘘(仮)』
2018 年公開予定
監督・脚本:野尻克己
出演:岸部一徳 原日出子 加瀬亮 岸本加世子ほか
製作:松竹ブロードキャスティング
制作プロダクション:ハーベストフィルム

2017-08-08 | Posted in NEWSComments Closed