『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』オールナイト上映緊急決定! 塚本晋也監督 × 柳下毅一郎氏(映画評論家)スペシャルトーク付!

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』

©1991 Kailidoscope

伝説の傑作 いまスクリーンで蘇る!

現在大ヒット上映中の名匠エドワード・ヤン監督の傑作『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』。1991年に発表された 本作は、ヤン監督の生誕70年、没後10年となる節目の今年、25年ぶりに 4Kレストア・デジタルリマスター版として日本のスクリーンに蘇りました。

公開されるやいなや、初日から満席が続出。公開を待ち望んでいた映画ファンのみならず、本作を初めて観る若い観客からも「これぞ“映画”だと思った。衝撃で席から立てなかった」「どのカットをとっても素晴らしい。観終えてから一日中映画について考えてしまう作品」「10代でこの作品を観ることができて本当に良かった」などと支持され、SNSを中心に話題が話題を呼び、エドワード・ヤン監督についての関心も再燃しています!

そんな大ヒットを記念して、5月6日(土)『牯嶺街少年殺人事件』に加え、カルト的人気を博すエドワード・ヤン監督の『恐怖分子』を35㎜プリントで上映するオールナイト上映が緊急決定しました!

当日は、『牯嶺街少年殺人事件』を観て衝撃を受けたという塚本晋也監督と、映画秘宝をはじめ様々な雑誌で本作を絶賛、紹介している映画評論家の柳下毅一郎氏を迎えてのスペシャルトークイベントも実施。
塚本晋也さんは『野火』『鉄男』など映画監督として高い評価を受け、また俳優としても公開中の話題作『沈黙-サイレンス-』(マーティン・スコセッシ監督)へ出演するなど、第一線で活躍中。監督として、俳優として、作り手の視点で感じた『牯嶺街少年殺人事件』の魅力についてたっぷりと語ります。
GWの最後に、ぜひエドワード・ヤンの世界にどっぷり浸ってみてはいかがでしょうか。

【イベント概要】
『牯嶺街少年殺人事件』大ヒット記念!エドワード・ヤン監督オールナイト
◆日時:5月6日(土) 開映 23:00(開場 22:50)終映予定 翌 5:36
◆劇場:シネマート新宿 ・スクリーン 1
◆トークゲスト:塚本晋也(映画監督)、柳下毅一郎(映画評論家・翻訳家)
◆上映作品:1.「牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件」デジタルリマスター版 / 2.「恐怖分子」35 ㎜版
◆チケット料金:¥2,800(金)均一 ※シネマート新宿窓口に限り、『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』全国共通鑑賞券+¥1,000 にてご鑑賞いただけます。
◆チケット販売:シネマート新宿窓口及びオンラインチケット予約ページにて販売
◆チケット販売開始: 4 月 22 日(土)9:00~
詳細:劇場 HP⇒ http://www.cinemart.co.jp/theater/shinjuku/

『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』1991年/台湾/3時間56分
<STORY>
1960年代初頭の台北。建国高校昼間部の受験に失敗して夜間部に通う小四(シャオスー)は不良グループ〝小公園“に属する王茂(ワンマオ)や飛機(フェイジー)らといつもつるんでいた。 小四はある日、怪我をした小明(シャオミン)という少女と保健室で知り合う。彼女は小公園のボス、ハニーの女で、ハニーは対立するグループ〝217”のボスと、小明を奪いあい、相手を殺して姿を消していた。ハニーの不在で統制力を失った小公園は、今では中山堂を管理する父親の権力を笠に着た滑頭(ホアトウ)が幅を利かせている。
小明への淡い恋心を抱く小四だったが、ハニーが突然戻ってきたことをきっかけにグループ同士の対立は激しさを増し、小四たちを巻き込んでいく。。。
監督:エドワード・ヤン
出演:チャン・チェン、リサ・ヤン、ワン・チーザン、クー・ユールン、エレイン・ジン
配給:ビターズ・エンド
©1991 Kailidoscope
公式サイト:http://www.bitters.co.jp/abrightersummerday/

2017-04-22 | Posted in NEWSComments Closed