YABOサタデー映画館―2017.9.2

『YABO』の由来は野望。
野望という強い意志を持って前向きに生きる人を取材し、その人の魅力や情報を発信するフリーペーパーです。
WEB版では毎週土曜日に「YABOサタデー映画館」を掲載。
作品をあらすじとともに野望や希望、理想にあふれる人物をYABO人としてピックアップします。

今週は下記の4作品をご紹介します。

『ザ・ウォール』
『スキップ・トレース』
『二度めの夏、二度と会えない君』
『トモダチゲーム劇場版 FINAL』

『ザ・ウォール』

『ザ・ウォール』

©2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

米軍スナイパーのアイザック(アーロン・テイラー=ジョンソン)とマシューズ(ジョン・シナ)は、瓦礫の中に残った大きな壁に潜む敵を高台の荒れ地から狙っていた。しかし5時間経っても動きがない。マシューズが様子を見に壁に近づくと、想定外の場所から銃撃に遭い倒れる。援護に向かったアイザックも撃たれ、壁の背後に命からがら逃げ込んだ。身動きの取れなくなったアイザックの無線に、「仲間だ。すぐに助けに行くから、名前とIDを言え」と声が聞こえてきた。しかし男の英語にかすかな訛りがあるのを聞き分け、男の正体を確かめようとしたが…。

イラク戦争時に実在し、37人のアメリカ兵を殺害したイラク最恐のスナイパー“ジューバ”に狙われた主人公が、極限の頭脳戦に挑む様を描いたバトルフィールド・スリラー。ジューバは当時アメリカ軍兵士を次々と狙撃する動画をインターネットに投稿し、その過激性が注目を集め欧米諸国を震撼させた。イラクでは若者たちからヒーローとして崇められるほど伝説的存在であったが、その後の行方は今もわからず、ISISに殺害されたとの噂もあるが遺体は見つかっていない。謎多き最恐のスナイパー<ジューバ>の狂気と緊迫感溢れる超体感型映画で、観る者をスクリーンに引きずり込む。

YABO人:アイザックを演じたアーロン・テイラー=ジョンソン
『キック・アス』の主演で注目を集め、その後『GODZILLAゴジラ』や『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』など話題作への出演が続く。今秋公開となる『ノクターナル・アニマルズ』ではゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞。今後の活躍が期待されている。

『ザ・ウォール』
9月1日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督:ダグ・リーマン
出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、ジョン・シナ
配給:プレシディオ
©2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
公式サイト:http://thewall-movie.jp/

『スキップ・トレース』

『スキップ・トレース』

©2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

香港警察の刑事ベニー・チャン(ジャッキー・チェン)は、亡き同僚の一人娘のサマンサ(ファン・ビンビン)から頼まれ、アメリカ人詐欺師コナー・ワッツ(ジョニー・ノックスヴィル)を追って、単身ロシアに乗り込む。ベニーは無事、コナーを逮捕するが、コナーはロシアン・マフィア、香港マフィアなどありとあらゆる組織に狙われている厄介者だったため、2人は衝突しながらも世界各地を逃げ回る。しかも、逃亡先でコナーはさらに敵を作り、ベニーは怒り心頭。これ以上ないほど相性最悪なコンビは必死に目的地マカオを目指す。果たして、大逃亡の行方は!?

YABO人:香港警察の刑事ベニー・チャン(ジャッキー・チェン)
9年前、香港犯罪界のドンと疑うヴィクター・ウォン(ウィンストン・チャオ)を捜査中、同僚のヤン(エリック・ツァン)を失う。そのためヤンの一人娘のサマンサ(ファン・ビンビン)の後見人となり、面倒をみている。仕事では引き続きヴィクターを追っていたが、潜入捜査の失敗から住宅街に甚大な被害を与えたことで停職処分を受ける。

ジャッキー・チェンのコミカルなアクションは健在。年齢を感じさせない。ストーリーはシンプルでわかりやすく、幅広い世代にオススメできる。エンディングには恒例のNGシーンがあるので、最後まで楽しんでほしい。

『スキップ・トレース』
9月1日(金)全国ロードショー
監督:レニー・ハーリン
出演:ジャッキー・チェン、ジョニー・ノックスヴィル、ファン・ビンビン
配給:KADOKAWA
©2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
公式サイト:http://skiptrace-movie.jp/

『二度めの夏、二度と会えない君』

『二度めの夏、二度と会えない君』

©赤城大空・小学館/ 『二度めの夏、二度と会えない君』パートナーズ

YABO人:森山 燐(吉田円佳)
高校3年の夏の初め、「文化祭でライブをする」という夢を叶えるために転校し、半ば強引に篠原 智(村上虹郎)、花京院姫子(金城茉奈)、石田六郎(山田裕貴)をメンバーに誘う。高校はバンド活動が禁止されていたが、生徒会長の菅野瑛子(加藤玲奈)が学校と交渉。ライブは実施され、成功を収めた。

YABO人:篠原 智(村上虹郎)
バンド活動を通じて膨らんだ燐への想いを伝える。しかし、その言葉が燐を傷つけ、取り返しのつかないことになる。後悔に苛まれていた半年後のある日、バンドを組む前にタイムスリップし、もう一度あの夏を繰り返すチャンスを手に入れる。自分の気持ちを押し殺し、今度こそ燐を傷つけないと心に誓った。

想いを寄せる女の子を傷つけないために、二度目の夏を必死に過ごす主人公を村上虹郎が好演。母性本能をかき立てるような清純な色気を放つ。「さすがムラジュンの息子!」と思うのは古い世代か。村上虹郎として人気を集めつつある今、若い世代にとっては村上淳が虹郎のお父さんという存在かもしれない。ライブシーンではギター演奏を披露するが、なかなかの腕前に驚く。歌手として活動する母親 UA 譲りの音楽の才能を感じた。
さらにバンドのボーカルを務める森山 燐の歌声がのびやかでいい。それもそのはず。演じている吉田円佳は本作で「遠距離恋愛爆撃ミサイル」を始めとする劇中歌5曲を担当したガールズ・バンド「たんこぶちん」のVo&Gtで、バンドは今年結成10周年を迎える。ライブシーンは必見!

『二度めの夏、二度と会えない君』
9月1日(金)より、新宿バルト9ほか全国公開
監督:中西健二
出演者:村上虹郎、吉田円佳、加藤玲奈、金城茉奈、山田裕貴
配給:キノフィルムズ
©赤城大空・小学館/ 『二度めの夏、二度と会えない君』パートナーズ
公式サイト:http://nido-natsu.com/

『トモダチゲーム劇場版 FINAL』

『トモダチゲーム劇場版 FINAL』

©山口ミコト・佐藤友生/講談社 2017 「トモダチゲーム」製作委員会

<前作までの話>
同じ高校の片切友一(吉沢亮)、沢良宜志法(内田理央)、美笠天智(山田裕貴)、四部誠(大倉士門)、心木ゆとり(根本凪)の4人は友達の借金を返済するため、「トモダチゲーム」という友情が試される企画に参加する。そこで「コックリさんゲーム」「陰口スゴロク」をクリアした友一たちは、自分たちをトモダチゲームに引きずり込んだ“裏切り者”が美笠であることをつきとめた。そのうえで友一は自ら最も過酷な最終ゲームにコマを進める。こんな危険なゲームを商売にしている運営サイドを潰すために。そして美笠もまた友一と同じ道を選んだ。

90秒でわかる!トモダチゲームおさらい動画

最終ゲームの「友情かくれんぼ」は対戦形式。チームで1人が「隠れる役」となり、残りのメンバーが「探す役」となって相手チームの「隠れる役」を探す。「隠れる役」は自分から動いてはいけないので、食料補給さえできない。先に見つけたチームの勝ち。相手チームはリーダーの門倉十蔵を中心に協力し合って勝ち上がってきた男子高校生5人組。一方、友一と美笠のチームには得体の知れない水瀬マリア(上野優華)を加えた3人。友一は隠れる役の美笠がギブアップしないことを信じて相手チームへの罠を仕掛けるが、相手チームは想像以上に手ごわかった。また最終ゲームに参加しなかった沢良宜志法、四部誠、心木ゆとりの3人にも問題が持ち上がっていた。

YABO人:片切友一(吉沢亮)
両親に先立たれ、身寄りもなく、自活する高校生。友だち思いだが、ゲームに勝つためには非常な手段も辞さない面も持つ。過去に殺人を犯したことがあるらしい。トモダチゲームの運営サイドを潰すために、あえて最終ゲームにチャレンジする。

ゲームの本質を読み取り、冷静にクリアしてきた友一が今回は窮地に陥る。しかし、実はそれも計算済みだった。友一の言葉の1つ1つに意味があったことが最後にわかるが、それをどこまで先に気づくか。見ている側と作り手側の勝負でもある。
きれいごとだけでは語れない、それぞれの裏の顔が明らかになるラスト。それでも友一が「トモダチゲームの攻略法は友だちを疑わないこと」という言葉が心に響く。

メイキングダイジェスト動画

『トモダチゲーム 劇場版FINAL』
9月2日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開中
監督:永江二朗
出演者:吉沢亮、内田理央、山田裕貴
配給:キャンター
©山口ミコト・佐藤友生/講談社 2017 「トモダチゲーム」製作委員会
公式サイト:http://tomodachi-game.com/

2017-09-02 | Posted in NEWSComments Closed