映画『エルネスト』公開記念 写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」 父ゲバラへの想いを実子カミーロ氏が激白!

チェ・ゲバラがファインダー越しに見た世界を体験する写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」が映画『エルネスト』(10月6日全国ロードショー)公開記念として開催されている。
その写真展のプレビューが2017年8月8日(火)、恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルームにて行われた。

2015年、キューバとアメリカの国交が回復、2016年にはオバマ大統領のキューバ訪問に続き、安倍首相もフィデル・カストロ前国家評議会議長と会談を行った。そしてトランプ氏がアメリカ大統領に就任した今年2017年はキューバ革命の英雄チェ・ゲバラの没後50年となる節目の年。
映画『エルネスト』(10月6日全国ロードショー)公開記念として開催される本写真展は、チェ・ゲバラの実子であるカミーロ・ゲバラ氏の全面協力により、「チェ・ゲバラ本人が撮影した写真」約240点が日本初公開となる。
開催に先駆け、写真展のために来日・登壇したカミーロ氏は「2つの観点からこの写真たちを見て頂きたい。ひとつは歴史的事実に基づいた、チェ・ゲバラの自伝のような写真。もうひとつは写真家としてのチェの美的センス、彼の美学です」と胸を張った。
写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」
また展示された写真についても言及し、父ゲバラが撮った息子カミーロ氏の幼少期の頃の写真については「とても親密な写真なので皆には言わないけれど、父親として愛情をたっぷりと注いでくれた。家族といる時間を大切にしてくれた。残念ながら、一緒にいる時間は少なかったけれど」と話した。

写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」
また、「チェは子供の頃から写真に興味があり、写真に対する情熱があった。最後までカメラとともにあった」とし、カミーロ氏が思う写真家チェの特徴は「チェ自身の目で見た写真を、独自の視点で撮っていたこと。保存されているものは少ないが、特に私の好きな写真は、彼が工業大臣の時に調査に行って撮った工場などの写真です。彼の趣味でもあったのですが、調査レポートとして写真を添えて報告していたようだ」と語った。

写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」

写真展の後援を担当するキューバ共和国大使館からはパトリシア・フレチジャ氏が登壇し、「チェはキューバのみならず、世界中でも有名なヒーロー。彼の目で撮った写真を見ることで、彼の足跡を辿ることができる。その中には広島の写真もある。日本で初めての展示ということで、チェのためにも、日本のためにも、素晴らしい記憶になると思います」とチェが1959年に使節団団長として来日していたことに触れ、期待の言葉を寄せた。
写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」は8月9日(水)〜8月27日(日)、恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルームにて開催。

<写真展「写真家ゲバラが見た世界」について>
キューバ革命の英雄チェ・ゲバラ没後50年の節目、平和と平等をもたらすために戦ったチェ・ゲバラの傍らにはいつもカメラがあった。彼は何を成し遂げ、何を夢見ていたのか? 世の中が転換期を迎えようとしている今、チェ・ゲバラがファインダー越しに観た世界を体感する写真展を開催。彼の息子カミーロ・ゲバラ氏の全面協力により「チェ・ゲバラが自身で撮影した写真」約240点を日本初公開する。

会期:8月9日(水)~27日(日)
会場:恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルーム
【スペシャルサポーター募集中!】
詳しくは公式サイトまで:http://che-guevara.jp

<カミーロ・ゲバラ氏 プロフィール>
写真展「写真家チェ・ゲバラが見た世界」
1962年キューバ生まれ。モスクワ大学法学部卒業。法学部卒のため弁護士資格を持つ。
キューバでは水産省で漁業関連の仕事に携わる。その後母が所長を務める、チェ・ゲバラ研究所のコーディネーターを担当。そこでは、オールタナティブ・プロジェクト部門として、子ども達などへの普及活動をしていると共に、チェの写真展開催等の責任者に携わっている。

<映画『エルネスト』について>

『エルネスト』

©2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.

50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。
キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。チェ・ゲバラ没後50年という節目の時を越え、“理想”を追い求めた男たちの物語を現代に甦らせるのは、『人類資金』や『北のカナリアたち』など骨太な人間ドラマを描き、メッセージ性と芸術性に優れた作品の数々が各界から高い評価を受ける阪本順治監督。実在する人物を題材にするのは初めてとなる。そして医学生でありながらもチェ・ゲバラに共感し、信念の為に戦いに身を投じる日系ボリビア人<フレディ前村>を、阪本監督とは3度目のコンビとなる、世界の映画際で多数の賞を受賞してきたオダギリジョーが演じている。10月6日全国ロードショー。

10月6日(金)TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー
脚本・監督:阪本順治
出演:オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
配給:キノフィルムズ/木下グループ 2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
©2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.
公式サイト:http://www.ernesto.jp/

2017-08-11 | Posted in NEWSComments Closed