『フランス映画祭2017』6月22日(木)〜25日(日)開催!

今年で25年目の節目を迎える「フランス映画祭」が6月22日(木)〜25日(日)の4日間、有楽町にて開催されます。
本年度は団長にカトリーヌ・ドヌーヴ、フランスでの評価の高い北野武監督を「フランス映画祭2017 親善大使」に迎え、新作11作品とクラシック1作品の計12作品を上映します。
また団長として来日するカトリーヌ・ドヌーヴに加えて、昨年は団長として来日したイザベル・ユペールなど計13名の豪華ゲストがフランスから来日予定です。
(来日ゲストは下記参照)
さらに、今年でデビュー60年を迎える永遠の美青年アラン・ドロンの70年代の代表作『チェイサー』を上映するうえ、各地の映画祭で失神者が続出したと言われる新世代の女性監督が描くフレンチ・カニバリズム・ホラー『Raw(英題)』も上映されます。
上映スケジュールはこちら http://unifrance.jp/festival/2017/schedule

『フランス映画祭2017』
開催日程:2017年6月22日(木)〜25日(日)
会場:有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ 日劇
オープニング作品:カトリーヌ・ドヌーヴ主演「The Midwife」(英題)
主催:ユニフランス
公式サイト:http://unifrance.jp/festival/2017/

<映画祭全来日ゲスト(予定)>
『The Midwife (英題) 』
カトリーヌ・ドヌーヴ、マルタン・プロヴォ監督
『セザンヌと過ごした時間』
ダニエル・トンプソン監督
『エル ELLE』 
イザベル・ユペール、ポール・ヴァーホーヴェン監督
『エタニティ 永遠の花たちへ』 
トラン・アン・ユン監督
『夜明けの祈り』
アンヌ・フォンテーヌ監督
『愛を綴る女』 
ニコール・ガルシア監督
『パリは今夜も開演中』 
エドゥアール・ベール監督
『ポリーナ、私を踊る』 
ヴァレリー・ミュラー監督、アンジュラン・プレルジョカージュ監督
『あさがくるまえに』
カテル・キレヴェレ監督
『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』
ジャック・ドワイヨン監督

<チケット発売について>
前売り券は5月27日(土)より、有楽町朝日ホール分はセブンチケット、TOHOシネマズ 日劇はvit®にて発売します。
※ vit®とはTOHOシネマズのチケット販売システムです。

◆有楽町朝日ホール [有楽町マリオン11F]
1. セブン-イレブン店内マルチコピー機にて直接購入
※座席エリア席種を選択後、座席は自動指定となります。
手数料は0円です。
2. インターネットから予約
http://7ticket.jp/search?q=%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%98%A0%E7%94%BB%E7%A5%AD&fk=00002&s=13&sk=4
→セブン-イレブン店頭にてお支払い・発券
※座席選択可能です。1枚につき108円の手数料がかかります。

◆TOHOシネマズ 日劇 [有楽町マリオン9F・11F]
購入方法
※座席選択可能です。手数料0円です。
1.インターネットから予約
http://www.tohotheater.jp/
2.TOHOシネマズ 日劇チケットカウンターにて直接購入

<オープニング作品>
『The Midwife(英題)』

The Midwife(英題)

© photo Michael Crotto

監督:マルタン・プロヴォ(来日内定!)
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ(来日内定!)
フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴと、『大統領の料理人』他で知られ 『偉大なるマルグリット』でセザール賞主演女優賞を受賞したカトリーヌ・フ ロの豪華競演作!
実直な性格の助産師・クレール。父親の昔の愛人・ベアトリスから連絡が 入り、彼女の余命が僅かであることを知ることに。30年間姿を消していた ベアトリスの登場にクレールは動揺し、正反対の性格ゆえに、二人はぶつ かり合う。しかし互いの過去の秘密が明かされる時、新たな絆がうまれ るー。
配給:キノフィルムズ

<上映作品>
『ロダン カミーユと永遠のアトリエ』

ロダン カミーユと永遠のアトリエ

©Les Films du Lendemain / Shanna Besson

監督 : ジャック・ドワイヨン(来日内定!)
主演:ヴァンサン・ランドン
配給:コムストックグループ
名匠ジャック・ドワイヨンによる、ロダン没後100年記念作品。 「考える人」の作者にして近代彫刻の巨匠、オーギュスト・ロダン。 カミーユ・クローデルと出会ってからの愛と苦悩に満ちた半生を描く。 現在ポストプロダクション中。

『エタニティ 永遠の花たちへ』

エタニティ 永遠の花たちへ

© Nord-Ouest

監督:トラン・アン・ユン(来日内定!)
配給:キノフィルムズ
フランス人作家アリス・フェルネイの小説「L’Elegance des veuves(未亡人たちの気 品)」に基づき、戦時下の三世代の女性の物語を紡いだドラマ。3人のヒロインを、『アメリ』(2001)のオドレイ・トトゥ、『アーティスト』(2011)のベレニス・ベジョ、『イング ロリアス・バスターズ』(2009)のメラニー・ロランが演じ、ダルデンヌ兄弟作品や『最後 のマイ・ウェイ』(2012)で知られるジェレミー・レニエ、『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳』(2014)で綾瀬はるかや松坂桃李と共演したフランス人俳優ピエール・ドゥラドンシャ ンも名を連ねている。

『エル ELLE』

エル ELLE

© 2015 SBS PRODUCTIONS – SBS FILMS– TWENTY TWENTY VISION FILMPRODUKTION – FRANCE 2 CINÉMA – ENTRE CHIEN ET LOUP

監督:ポール・ヴァーホーヴェン(来日内定!)
出演:イザベル・ユペール(来日内定!)
配給:ギャガ
ゲーム会社でCEOとして働くミシェルは、ある日自宅で覆面を被った男に襲われる。 何事もなかったかのように日常生活を送るミシェルだったが、襲われた記憶がフラッシュ バックし彼女を蝕み始める。しかし、やがて自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされ、 周囲を巻き込み波乱を巻き起こしていく――。 カンヌ騒然!世界の賞レースを席巻した異色サスペンス、遂に日本解禁!

『愛を綴る女』

愛を綴る女

© (2016) Les Productions du Trésor – Studiocanal – France 3 Cinéma – Lunanime – Pauline’s Angel – My Unity Production

監督:ニコール・ガルシア(来日内定!)
出演:マリオン・コティヤール、ルイ・ガレル
ガブリエルは情熱的な愛に憧れていたが、農業を営む両親に季節労働者と の愛のない結婚をさせられる。ある日、ガブリエルは結石の療養にいった 先でインドシナからの帰還兵アンドレと激しい恋に落ち、希望を取り戻す。 ガブリエルとアンドレはそのまま逃避行をするが……。 配給:アルバトロス・フィルム

『パリは今夜も開演中』

パリは今夜も開演中

© Pascal Chantier

監督 : エドゥアール・ベール(来日内定!)
主演 : エドゥアール・ベール、オドレイ・トトゥ、サ ブリナ・ウアザニ
パリの小さな劇場主、ルイージの長い夜が始まった! 仲間や、親友である大切な女性の信頼に応え、劇場を救うため、演技の出来る猿を 見つけなければならない!さえないルイージが、若く美しい研修生と共に、繰り広げ る一夜の珍道中を描いたドタバタコメディ。 日本公開未定

『セザンヌと過ごした時間』

セザンヌと過ごした時間

© 2016 – G FILMS –PATHE – ORANGE STUDIO – FRANCE 2 CINEMA – UMEDIA – ALTER FILMS

監督:ダニエル・トンプソン(来日内定!)
出演:ギョーム・カネ、ギョーム・ガリエンヌ
配給:セテラ・インターナショナル
陽光あふれるプロヴァンスを舞台に、ポスト印象派の画家セザンヌと『ナナ』、 『居酒屋』の作家ゾラとの友情、青春、葛藤を描いたヒット作『Cézanne et moi (原題)』

『夜明けの祈り』

夜明けの祈り

© 2015 MANDARIN CINÉMA AEROPLAN FILM / ANNA WLOCH

監督:アンヌ・フォンテーヌ(来日内定!)
出演:ルー・ドゥ・ラージュ(来日内定!)、アガタ・ブゼク
配給:ロングライド
1945年、第二次世界大戦下のポーランド。フランス赤十字の若き女医マチルドの 元に、ポーランド人の修道女が助けを求めてやって来る。 修道院で彼女を待ちう けていたのは、ソ連の軍人に性的暴行を受けた修道女たちだった。

『あさがくるまえに』

あさがくるまえに

© Les Films Pelléas, Les Films du Bélier, Films Distribution / ReallyLikeFilms

監督:カテル・キレヴェレ(来日内定!)
出演:タハール・ラヒム
配給:リアリーライクフィルムズ+コピアポア・フィルム
サーフィンに出かけた息子の脳死という事実に際し、臓器提供を決意する両 親。一方心臓に疾患を抱えた女性はあきらめたように毎日を過ごしていた…

『 ポリーナ、私を踊る』

ポリーナ、私を踊る

© Carole Bethuel – Everybody on Deck

監督:ヴァレリー・ミュラー(来日内定!)、 アンジュラン・プレリオチャイ(来日内定!)
配給:ポニーキャニオン
ロシアでバレリーナを夢見るポリーナ。フランスからきたダンサーに恋をし、 彼について南仏のコンテンポラリーのカンパニーへ。

『チェイサー』

Star Channel Presents チェイサー

©1977 – PATHE RENN PRODUCTION

監督:ジョルジュ・ロートネル
出演:アラン・ドロン、モーリス・ロネ、オルネラ・ムーティ、ミレイユ・ダルク、ステファーヌ・オードラン
スターチャンネルとのコラボレーションで、アラン・ドロンのデビュー60周年を 記念し、70年代の代表作『チェイサー』を上映!代議士の親友フィリップのア リバイ工作に協力したことをきっかけにグザヴィエは政界をめぐる陰謀に巻 き込まれる。ヒロインはミレイユ・ダルク、怪優クラウス・キンスキーの姿も。

『Raw(英題)』

Raw(英題)

©DR

監督:ジュリア・デュクルノー
出演:ギャランス・マリリエ
配給:パルコ
16歳のジュスティーヌはベジタリアンの獣医一家に育ち、姉も通う獣医学校に進学 する。しかし上級生から生肉を食べることを強要され、人生で初めて肉を口にすることに。これを機にジュスティーヌの本性が露わに… 各地の映画祭で失神者や吐き気を催す観客が続出したという衝撃作 。

2017-05-26 | Posted in NEWSComments Closed