斎藤工ら主演、映画『ブルーハーツが聴こえる』連続舞台挨拶決定!

1995年に解散した伝説のパンク・ロックバンド『THE BLUE HEARTS』の名曲を基にした映画『ブルーハーツが聴こえる』が、いよいよ4月8日(土)に公開初日を迎え、全国上映に向けて走り出す!

公開初日と公開2日日目は、舞台挨拶への登壇も豪華キャスト&監督が集結。6作品で構成された作品の特徴を生かし、各作品が連続で舞台挨拶を実施する。

3月15日(水)に東京・新宿バルト9で行われた完成披露プレミア上映会では、満席の観客の前で大いに盛り上がりをみせた本作。プレミア上映会では明かされなかった各作品の裏話などが、より詳細に語られるのではないかと期待が高まる。ぜひ会場に足を運んで、この瞬間の熱量を感じて欲しい。

完成披露プレミア上映会
完成披露プレミア上映会は豪華キャスト&監督が集結!
数々の制作秘話も明かされ、会場は多いに盛り上がった。

 

 YABO Editor’s Pickup! 

高校生にタイムスリップする斎藤工さんに注目!

数々の映画やドラマに出演し、男気溢れる独特の存在感と大人の色気を漂わせ、女性の熱い視線を集めている斎藤工さん。井口監督の初恋をモチーフにして制作された『ラブレター』では、高校生にタイムスリップするという役を演じている。
プレミア上映会では、少年時代に太っていたという設定のため、井口監督らからデブレクチャーを受けたことや、息の仕方や走り方まで、太っている人の様子を研究し、「人体のメカニズムを研究できた。いつでも太る準備はできています!」とまさかのデブ宣言?!が飛び出した。
また、本作で初恋の相手をビデオカメラに収めた映像が登場するが、それは現場で斎藤工さんが実際に撮影した映像だったという撮影秘話も明かされた。

映画に対する深い愛情と情熱を持つ斎藤工さんが、井口監督からの熱烈オファーに全力の演技で応えた本作でどんな表情を見せるのか注目したい。


 初日および公開2日目舞台挨拶全スケジュール 

場所:新宿バルト9
日程:4月8日(土)

<第一弾>
10:00の回上映終了後『人にやさしく』&『ラブレター』&『1001のバイオリン』
■登壇者(予定)
『人にやさしく』:市原隼人、下山天監督
『ラブレター』:斎藤工、井口昇監督
『1001のバイオリン』:李相日監督

<第二弾>
14:00の回上映終了後『ハンマー(48億のブルース)』&『ジョウネツノバラ』
■登壇者(予定)
『ハンマー(48億のブルース)』:尾野真千子、角田晃広、伊藤沙莉、飯塚健監督
『ジョウネツノバラ』:永瀬正敏、工藤伸一監督

日程:4月9日(日)
<第三弾>
15:35の回上映終了後『少年の詩』
■登壇者(予定)
『少年の詩』:優香、内川蓮生、清水崇監督

【チケット情報】
通常料金
劇場HPにてご確認ください。

◆◆チケット購入方法◆◆
インターネット販売(KINEZO EXPRESS)および新宿バルト9劇場窓口にて販売いたします。

【KINEZO EXPRESS】
4月1日(土)AM0:00(=3月31日(金)24:00)より発売
※販売日より上映日3日前まではクレジットカード決済のみのご利用となります。
現金・モバイルSuica・U-NEXTポイント決済ご利用のお客様は上映日より2日前よりご利用頂けますが、満席になり次第販売は終了となります。

【劇場窓口販売】
4月1日(土)劇場オープン時より発売
※オンライン販売で残席がある場合のみ。

≪チケットの購入はこちらから≫

注意事項
※舞台挨拶付き上映の回は全席指定・定員入替制での上映となります。
※舞台挨拶付きの上映をご鑑賞いただくには、舞台挨拶の回の座席指定券が必要です。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※ゲストおよび舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。


 各ストーリー紹介 

『ハンマー(48億のブルース)』
出演:尾野真千子、角田晃広、萩原みのり、伊藤沙莉、吉沢悠、余貴美子/ 監督:飯塚健

ある日、アンティークショップに勤める一希は、同棲して3年になる彼氏の浮気現場を目撃してしまう。職場の先輩の久保と、家具店に入り浸っている女子高生二人組の仲間達はヘコんでいる彼女をほっておけない。一希自身も踏ん切りをつけられない自分に苛立っていた―。

『人にやさしく』
出演:市原隼人、高橋メアリージュン、浅利陽介、瀧内公美、加藤雅也、西村雅彦/ 監督:下山天

遥か未来、刑務所惑星を目指す囚人護送船を流星群が襲った。彷徨う宇宙船には謎の若い男・女・凶悪兄弟・静かな老紳士…そして看守らのわずかな生存者がいた。銀河の彼方、生存帰還の万策尽きたパニック状況下、生き残った彼らに希望はあるのか─。

『ラブレター』
出演:斎藤工、要潤、山本舞香 / 監督:井口昇

脚本家の大輔は、自身の高校時代を書いてるうちにトイレから当時へタイムスリップしてしまう。片想いの相手であり、亡くなったはずの美少女・彩乃と再会した大輔は、彼女を再び死なせまいと奮闘するが─。可笑しくも泣ける初恋ファンタジー。

『少年の詩』
出演:優香、内川蓮生、新井浩文 / 監督:清水崇

1987年、クリスマス。鍵っ子の健(たける)は朝から母親と喧嘩して団地で一人ぼっちの誕生日を迎えようとしていた。TVに映る憧れのヒーローも虚しく感じる…彼は、頭を悩ませる重大な秘密を抱えていた。そんな彼にあるプレゼントが届く─。

『ジョウネツノバラ』
出演:永瀬正敏、水原希子、藤崎ゆう/ 監督:工藤伸一

最愛の女性を亡くしてしまい、狂おしいほどの喪失感にとらわれた男。彼はその女性をいつまでも自分のそばにおいておきたいと願い、亡き骸を奪い去るという暴挙にでる。しかしそれを隠しきれない現実の中、驚くべき手段をとる。男の願いは何か―。

『1001のバイオリン』
出演:豊川悦司、小池栄子、三浦貴大、石井杏奈、荒木飛羽/ 監督:李相日

元福島原発の作業員・達也は、地震の後福島から離れ家族4人で東京に移り住んでいる。妻子が順調に東京に慣れていく中、達也だけは就職先も決まらず、まだ福島を引きずった生活を送っていた。そんな中、後輩の安男を連れ立ち入り禁止の福島へ行き、残してきた飼い犬のタロウ探しに奔走するが─。

▼映画『ブルーハーツが聴こえる』公式サイト
http://tbh-movie.com

2017-04-03 | Posted in NEWSComments Closed