『15歳の被爆者 歴史を消さないために』トークイベントレポート

9月22日(木)、切通理作さんと狩野美智子さんのトークイベント「15歳の被爆者 歴史を消さないために」が、阿佐谷地域区民センターにて開催されました。

雨の中、会場には約50人もの方がご来場され、狩野美智子さんと切通理作さんのお話を熱心に聞かれていました。

書籍「15歳の被爆者 歴史を消さないために」を執筆するに至った経緯や、被爆体験と戦後から今現在に至るまでのお気持ちの変化などの貴重なお話を、7月30日(土)に長崎ブリックホールで開催された「国際平和シンポジウム」(朝日新聞社主催)で訪れた長崎の街のスライド写真を交えながら語ってくださいました。

最後の質疑応答では多くの方が挙手され、切通理作さんと狩野美智子さんへのご質問のほか、書籍のご感想や、「世代を超えて語り継ぐべきもの」と原爆に対するそれぞれの熱い思いを述べられていました。

3時間にわたるトークイベントになりましたが、ご来場された皆様の熱意は冷めず、「書籍のご感想を伝えたい」と、イベント終了後も長蛇の列ができていました。

 

トークイベントレポート

会場でYABO Vol.6を配布させていただきました!

 

2016-09-23 | Posted in NEWSComments Closed